社会福祉法人 北養会
社会福祉法人 北養会

北養会のご紹介

ごあいさつ

長い人生を健康で、元気に過ごしたいという願いは、誰もが抱くものではないでしょうか。健康な体を維持するためにも、「できることは(自分で)する」努力が重要だと考えます。つまり、高齢のため体が思うように動かなくなったとしても、できるだけ動かすよう心がけることが、運動機能や脳機能の衰えを防止することにつながるのです。そのためにも、今後、医療現場ではリハビリテーションに力を入れること、また、福祉現場では医療がそばにあり安心できる「生活の場」を提供することが重要だと考えます。

「超高齢社会」と言われ、医療の必要度がさらに増しているにもかかわらず、長期入院ができないため、患者様やご家族の不安は高まる一方です。医療と福祉、介護のサービスを提供する立場として、今後、目指すべき姿は、入院期間を過ぎた後も、福祉や介護の施設にて、必要なサービスをトータル的に提案・提供できる体制の確立だと考えます。

北養会は、医療と福祉、介護とが密接な連携を図りながら、今後とも地域の皆様に安心していただけるサービスを提供してまいります。

社会福祉法人 北養会 法人理念について

よりそう。
1. 尊厳を第一とした最高の質を追求する「北養会ブランド」の継承

私たちは、尊厳を第一として、お客様の思いに寄り添ったサービスを追求・創造してきました。この育み、継承してきたサービスの質を「北養会ブランド」と位置づけ、職員一丸となって発展させてまいります。

ささえる。
2. トータルヒューマンサービスの充実

私たちは、幼児から高齢者まで、お客様が求めるニーズに真摯に耳を傾け、寄り添い支えるサービスをシームレスに実践してきました。これからもこのトータルヒューマンサービス体制をさらに充実させてまいります。

はぐくむ。
3. 多種多様な人材の個性・能力を最大限に活かす「人づくり」文化の推進

私たちは、職員を大切にし、職員が生きがい・働きがいを感じられる職場づくりに努めるとともに、多種多様な人材の個性・能力を最大限に活かし、ライフデザインを提案できる人材の育成を図ってまいります。

つなぐ。
4. 人をつなぐコミュニティデザインの実績

私たちは、地域のニーズを汲み上げ、連携・協働した企画を創出し、人がつながる「地域づくり」を実現させ、地域社会の活性化に努めてまいります。

社会福祉法人 北養会の沿革

1981年(S56)10月
社会福祉法人北養会 設立
1982年(S57)4月
特別養護老人ホーム 北勝園 開設(ひたちなか市初の介護老人福祉施設)
1991年(H3)9月
老人保健施設(現 介護老人保健施設)くるみ館 開設(水戸市初の老人保健施設)
1994年(H6)3月
ケアハウス あんず館 開設(茨城県初のケアハウス)
1997年(H9)4月
いばらき中央福祉専門学校 開校
1997年(H9)6月
特別養護老人ホーム もみじ館 開設
2004年(H16)4月
介護老人福祉施設・救護施設 長生園 開設(茨城県立施設の譲渡)
2004年(H16)5月
特別養護老人ホーム さくら館 開設
2004年(H16)9月
もみじ館 増床
デイサービスセンター 北勝園 勝田泉町 しゃくなげ 開所
2007年(H19)1月
亀有デイサービス さくらんぼ 開所
2008年(H20)4月
医療専門学校 水戸メディカルカレッジ 開校
養護老人ホーム 北勝園みなと館 運営開始(ひたちなか市からひたちなか市那珂湊養護老人ホームの譲渡)
2008年(H20)7月
デイサービスセンター北勝園 みなみ風 開所
2008年(H20)12月
特別養護老人ホーム もくせい 開設
救護施設 もくせい 開設(救護施設 長生園を移転・増床)
2009年(H21)4月
認可保育所 スワン保育園 開設
2010年(H22)5月
介護老人保健施設 はなみずき 開設
2013年(H25)4月
サービス付き高齢者向け住宅 アテンドハウス・ウエスト 開設
2014年(H26)12月
大規模デイサービス コミュニティガーデンつくば 開設
2015年(H27)3月
認可保育所 うちはらスワン保育園 開設
2015年(H27)4月
認可保育所 つくばスワン保育園 開設
2015年(H27)7月
就労支援センター北勝園 みなと館 開設
ページの先頭へ