ホーム > 北養会のご紹介

北養会のご案内

北水会グループ 会長
大久保重義

長い人生を健康で、元気に過ごしたいという願いは、誰もが抱くものではないでしょうか。健康な体を維持するためにも、「できることは(自分で)する」努力が重要だと考えます。つまり、高齢のため体が思うように動かなくなったとしても、できるだけ動かすよう心がけることが、運動機能や脳機能の衰えを防止することにつながるのです。そのためにも、今後、医療現場ではリハビリテーションに力を入れること、また、福祉現場では医療がそばにあり安心できる「生活の場」を提供することが重要だと考えます。

「超高齢社会」と言われ、医療の必要度がさらに増しているにもかかわらず、長期入院ができないため、患者様やご家族の不安は高まる一方です。医療と福祉、介護のサービスを提供する立場として、今後、目指すべき姿は、入院期間を過ぎた後も、福祉や介護の施設にて、必要なサービスをトータル的に提案・提供できる体制の確立だと考えます。

北養会は、医療と福祉、介護とが密接な連携を図りながら、今後とも地域の皆様に安心していただけるサービスを提供してまいります。

社会福祉法人 北養会ご利用のメリット

北水会グループは、各施設間の密接な連携により、ご利用者の医療・福祉・介護サービスへの様々なご要望に対し、幅広く柔軟に対応いたします。また、ご利用の方々の健康面への配慮を第一に考え、北水会記念病院を医療の中心とし、24時間体制で緊急時に対応いたします。

医療・福祉・介護のネットワーク

健康

日々の暮らしに安心を感じるためには、身体の健康が大切です。グループの中心機関である北水会記念病院と各施設との連携により、最適な医療・介護サービスを提供いたします。

応援

快適な介護生活を送るためには、整った介護環境や必要に応じたサービスを受けられる環境が必要です。株式会社ミカ、株式会社スイコウアセットは皆様の生活を応援いたします。

快適

これまでのライフスタイルを変えることなく、快適な生活を過ごしていただけるよう、株式会社ケアレジデンスでは、ご入居者のご要望に最大限お応えすることに努めております。

安心

施設において安心かつ快適な生活を送っていただけるよう、社会福祉法人北養会では、地域に密着したサービスを提供いたします。心を込めた対応で、皆様をサポートいたします。

育成

医療・福祉・介護の各現場において質の高いサービスを提供できるスタッフを養成すべく、理学療法士・言語聴覚士・看護師、介護福祉士の各専門職の育成に力を注いでおります。

社会福祉法人 北養会の沿革

1981年(S56)10月 社会福祉法人北養会 設立
1982年(S57)4月 特別養護老人ホーム 北勝園 開設(ひたちなか市初の介護老人福祉施設)
1991年(H3)9月 老人保健施設(現 介護老人保健施設)くるみ館 開設(水戸市初の老人保健施設)
1994年(H6)3月 ケアハウス あんず館 開設(茨城県初のケアハウス)
1997年(H9)4月 いばらき中央福祉専門学校 開校
1997年(H9)6月 特別養護老人ホーム もみじ館 開設
2004年(H16)4月 介護老人福祉施設・救護施設 長生園 開設(茨城県立施設の譲渡)
2004年(H16)5月 特別養護老人ホーム さくら館 開設
2004年(H16)9月 もみじ館 増床
デイサービスセンター 北勝園 勝田泉町 しゃくなげ 開所
2007年(H19)1月 亀有デイサービス さくらんぼ 開所
2008年(H20)4月 医療専門学校 水戸メディカルカレッジ 開校
養護老人ホーム 北勝園みなと館 運営開始(ひたちなか市からひたちなか市那珂湊養護老人ホームの譲渡)
2008年(H20)7月 デイサービスセンター北勝園 みなみ風 開所
2008年(H20)12月 特別養護老人ホーム もくせい 開設
救護施設 もくせい 開設(救護施設 長生園を移転・増床)
2009年(H21)4月 認可保育所 スワン保育園 開設
2010年(H22)5月 介護老人保健施設 はなみずき 開設
2013年(H25)4月 サービス付き高齢者向け住宅 アテンドハウス・ウエスト 開設
2014年(H26)12月 大規模デイサービス コミュニティガーデンつくば 開設
2015年(H27)3月 認可保育所 うちはらスワン保育園 開設
2015年(H27)4月 認可保育所 つくばスワン保育園 開設
2015年(H27)7月 就労支援センター北勝園 みなと館 開設